PPC広告で時間帯アクセスを確認する方法 – リスティング初心者なび

PPC広告で時間帯アクセスを確認する方法

スポンサーリンク

PAK85_coding15095904_TP_Vこんばんは、最近疲れていたのか、
口にヘルペスができてしまったきよクマさんです。

何よりも悲しかったのは、
ヘルペスがうつるからと、妻がキスを拒みます・・・
一番つらたんです(笑)

さて、前回の記事では
シンデレラショッピングにご用心」ということで
女性の購入が多い時間帯と、その理由を妄想してみました。

前回の記事を書きながら思ったこと

で、その記事を書きながら思いました。
「そもそも読者は、リスティング広告で時間帯アクセスを確認できてるのか?」
と。

ということで、今日はPPC広告における時間帯アクセスの確認方法です。

Yahooリスティングでのアクセスの確認方法

まずはYahooリスティングの広告管理ページにアクセスします。
そして下記のように「表示」タブをクリックします。

01

すると、下記写真のように一覧が出てきますので、

02

そこで「時間」を選択します。

03

するとクリックやコスト、インプレッションなどの各データが
時間別で表示されます。

04

上記のデータでは、9時〜14時のコストが多くなっていますね。
また全体のコンバージョン4件に関して、
18時にコンバージョンが2件も出ています。
どうやらこの広告は夕方にもっとクリックを増やせば効果が上がりそうですね。
このような感じで、何時にコストが多い、コンバージョンが多いなどのデータを見ながら
広告効果を改善できるのです。

その他の方法で時間帯アクセスを確認する方法

上記の方法で、時間帯アクセスが確認できますが
それだと、「月曜日の夜は効果があるのかな?」なんて
曜日別かつ時間別では確認できないですよね。

ということで、ここでは時間帯アクセスと曜日別アクセスを
同時に確認する方法を説明します。

まずはレポート画面へと移動して、
「新規レポートを作成」ボタンをクリックします。

05

すると以下のような画面が出てきますので、
下のピンクの四角の部分の「表示切り替え」の横の「+表示項目を追加」を
クリックします。
06

クリックしたらこんな感じで、選択できる一覧が出てきますので
まずは「曜日」を選択します。

07

同様に、その下に出てくる「+表示項目を追加」をさらにクリックして
「時間」をクリックします。
08

それでレポートを作成して、ダウンロードすると
以下のようなCSファイルをダウンロードできます。
09

こうすることで、時間帯アクセスと曜日別アクセスを
同時に確認できます。

編集後記

今回は「時間帯アクセスを確認する方法」という技術的な方法でしたが
理解できたでしょうか?

時間帯アクセスを確認できると
効果改善に大いに役立ちますので、
ぜひ一度試してみてくださいね♪

ブログランキングに参加しています。清き1票をお願いします☆

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加