ペラページの反応をよくする方法 – リスティング初心者なび

ペラページの反応をよくする方法

スポンサーリンク

こんばんは。
スーパーで買った
ガリガリ君が溶けないように
スーパーからダッシュで帰ったら
汗だくになったキヨくまさんです。

いやはや久しぶりに走りました(´・ω・`)

ペラページの反応をよくする方法

今日の本題ですが、
「ペラページの反応をよくする方法」
です。

昨日、

「高反応のランディングページを作る7つのポイント」
というのが記載されている
ページをお伝えしましたが、
そのリンクを17人もクリックされていました。

(昨日紹介したページはこちら

やはり、
ランディングページについて
みなさん、お悩みのようですね。

そこで、今回は
ランディングページの反応をよくする方法を
お伝えします。

グダグダ書くのも嫌なので
結論から言いますが、
ランディングページの反応をよくする方法は
ズバリ
「ランディングページのABテスト」
です。

PPCアフィリをやる場合
リンク先ページを用意して
PPC広告から、
そのページに誘導すると思いますが
そのページを2つ用意して、
反応の良い方を残すというのが
ABテストです。

それによって、
反応が良いページだけが残っていくので
ペラページの反応率が
どんどんよくなっていきます。

で、
ABテストをする意味とか
どういう風にABテストをするのかとか
ABテストで何をテストするのかを
説明したかったのですが
いつも通りの悪い癖で
長々と文章を書いてしまったので
続きはまた今後。

とりあえず、今日は
ペラページの反応をよくする方法はABテスト
ということだけ覚えておいてください。

編集後記

今日、
「逃げるは恥だが役に立つ」
というドラマを見ていたんですが
面白いですね(*´∀`*)

今クール、一番面白いんじゃないかな☆

ブログランキングに参加しています。清き1票をお願いします☆

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加