ピース綾部のおかげで考えさせられた〇〇 – リスティング初心者なび

ピース綾部のおかげで考えさせられた〇〇

スポンサーリンク

こんにちは、キヨくまさんです。

だいぶおひさしぶりになりますね。

何度も何度も
「できるだけメールをおくろう」と思っているのですが
なかなかメールがかけない状況でした。

今回こそは
毎日メール配信を目標に
メールを送っていきますので、宜しくお願いいたします。

最近、トレンドアフィリをやってます。

実は最近トレンドアフィリをやっています。

もちろん、PPCアフィリは継続して行なっているのですが
思うことがあって
ちょっとトレンドアフィリにも手を出したって感じです。

で、そのトレンドアフィリ実戦中に
ちょっと面白いことがあったので
今回のメルマガではそれをシェアしようと思います。

ピース綾部のせいで。。。

数日前にでてきたこのニュース
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170825-01877155-nksports-ent
綾部がアメリカの就労ビザを取得したというニュースです。
(後日、事務所が正式に否定していますが。)

それに関しての記事を作るために
色々とネットで
「ピース綾部」について調べてたんです。

そうすると、
昨日くらいに
こういう事態が僕のPCで起こってしまいました。。。。

十中八九、
広告主が
YDNのサーチキーワードで「綾部」で設定したため
表示されたんでしょうね 笑

でも、こういうことってよくありますよね?

こういうことって
僕らでもよくあることですよね。

「YDN、やってないよ」
という方でも
スポンサードサーチ(検索広告)で
部分一致で広告出稿してれば
可能性としてありえますよね。

例えば、
前、僕、看護師の転職サイトのアフィリをやってたんですが
「看護師 転職」というキーワードで設定していたら
「看護師以外 転職」というキーワードでの流入があったこともありました。

まだ、これならいいかもしれないんですが
たまに
「介護士 転職」みたいなキーワードでも流入があったりするんですよね。

大事なのはこの時のどうするか?

で、大事なのはこういう時にどうするか
ということです。

さっきのサーチキーワードの件だって
部分一致で違うキーワードが表示される件だって
もうシステムの関係上、どうしようもないこと
じゃないですか。

なので、
それは”どうしようもないこと”ということを前提に
動いていくしかないわけです。

YDNをやられている方は少ないかもしれないので
スポンサードサーチについてで説明すると

 ・部分一致をやめて完全一致のみで出稿する
 ・部分一致で出稿して
  レポートを見ながら不必要なキーワードを
  除外キーワードに追加していく

という2パターンがあると思うんです。

完全一致、部分一致、フレーズ一致
どれがいいというのはケースバイケースです。

例えば完全一致にしちゃうと
無駄クリックはないですけど
そのぶん、クリックが広がらないので
”お宝キーワード”のようなキーワードが出てこないわけですよ。

あと、
部分一致なら
検索クエリを見ることで
「なるほど、こういうキーワードで検索するユーザーが多いんだね」
という”検索者側の意図”を知ることができますよね。

かといって
部分一致でばっかり出稿していると
「無駄キーワードでの流入が多くてかなわん」
ってなるかもしれませんし、
なかなかレポートが見れない方だと
無駄な広告費が垂れ流しになってしまいますよね。

まぁ、フレーズ一致はその中間なので
どっちのいい悪いも含んでくるという感じです。

なので、
どのマッチタイプで広告出稿すればいいか
は人によると思いますが
大事なのは
「そういうことが起こることを前提に対策を打つ」
ということですよね。

なので、
そういう状況になった時に
「くそ〜、なんでそういうことが起こるんだ!」
と怒ることなく
「そういうことが起こるのはしょうがないから
 それを前提で対策を考えよう」
という気持ちにどれだけなれるか
これが重要だと思います。

以上、
今日はピース綾部に教わった(笑)
広告運用の際のマインドの持ちようについて
書きました。

それでは、また明日☆

ブログランキングに参加しています。清き1票をお願いします☆

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加