wordpressの更新でサイトが表示されなくなったときの対処法 – リスティング初心者なび

wordpressの更新でサイトが表示されなくなったときの対処法

スポンサーリンク

おはようございます、きよクマさんです。

今日は
おそらくあなたにとって
「今すぐ役には立たないであろう」
そんな情報をお伝えします。

それは何かというと
wordpressで作ったサイトが
500エラーで急に見れなくなった時の対処法です。

昨日、突然起きた悲劇・・・

僕、普段から
メルマガ送るときに一緒に
同じ内容をブログにあげてるんですね。

で、昨日もメールを送ってから
ブログにあげようと思ったら、
「あれっ、ブログが見れない・・・。」

500エラーというエラーが吐き出されて見れない状態でした。

いやいや、正直焦りますよね 笑

エッ、500エラーってなんだ?
サーバーのエラー?
プログラムのエラー?
何のエラーなんだと思ってgoogle先生にお聞きしたら
サーバーに上げているプログラムに不備があるとおっしゃる。

いやいや、プログラムなんて触ってないし
と思って
思い返してみると
「あっ!!!!」と思い当たることが。

wordpressの更新によって
サイトが見れなくなる事態

昨日、wordpressのバージョン更新したわ。

と。

いや、
前からの読者さんはご存知の通り、
僕、最近までメルマガ発行をお休みしてたので
そのブログ自体も更新してなくて
wordpressもバージョンが古いままだったんですよね。

で、それじゃいけないと思って
前日(つまり一昨日)
wordpressを更新したんですよね。

と原因がわかると話は早い。

wordpressを更新してサイトが見れなくなった場合
十中八九、
その原因は
【プラグインの不具合】です。

いわゆる新しいwordpressのバージョンに
そのプラグインが対応していないため
プログラム自体が不具合が起こって
サイトが表示されないというエラーです。

もしくは
プラグインを更新して
そのプラグインがwordpressと喧嘩しちゃってるので
プログラム自体に不具合が起こって
サイトが表示されないというエラーです。

実はこのエラー、すでに経験済みです。

このエラー、
僕、一度前に経験しているので
話は早い。

ということで早速、修正しました。

でも、せっかく修正するなら
その修正内容をメルマガでシェアしたいじゃないですか。

ということで、
修正した手順を動画に撮って
説明動画を作りました。

3分ほどの説明動画なので
もし今後あなたが
「wordpressを更新してサイトが見れなくなっちゃった」
というときは
この動画をみてください。

ではどうぞ!

あっつ、その頃までこのメールを保存されてるかどうかは
わからないので
もしそういうトラブルが起こって
上記の動画のリンクがわからないときは
いつでもメールくださいね。

ここからは動画の内容を文書で説明します。

で、一応、
3分も動画見る余裕ないよ
という方のために、
簡単にテキストで説明しておきますね。

まず、
プラグインの不具合でサイトを見れない場合
その問題となっている
プラグインを無効化してあげることで
サイトが見れるようになっています。

パソコンがウイルスに感染したとき
問題となっている原因のウイルスを隔離をしてあげれば
それでパソコンが復活しますよね。
そんなイメージです。

プラグイン無効化の方法

通常、
wordpressの場合、
プラグインは
htmlの中の
wp-contentフォルダの中の
pluginsフォルダが
プラグインのフォルダとなっています。

で、
そのプラグインフォルダの中のフォルダ全部を
無効化して上げてもいんですが
それは非効率なので
心当たりがあるものだけ無効化します。

僕の場合は
wordpressを更新したときに
プラグインも更新したので
その際にプラグインが原因だと思って
更新日が前日のフォルダのみを無効化しました。

で、そのプラグインを無効化する方法ですが、
プラグインのフォルダの前に
_(アンダーバー)を入れて上げましょう。

例えば
pluginsフォルダの中に
akismet
というフォルダ名のプラグインがあるんですが
そのakismetを無効化する場合は
akismetというフォルダ名を
_akismetとフォルダ名の前に_をつけてあげればいいです。

それで、無効化されます。

プラグイン無効化すればサイトが表示されるはず
(・・・たぶん)

で、心当たりのプラグインたちを
どんどん無効化してあげてから
サイトを確認すると
おそらく500エラーのサイトが
ちゃんと表示されてるはずです。

これで無事治ったんですが、
ここからもうちょっと手順が必要です。

今回、どのプラグインが不具合が起こったのか
全くわからない状態で
心当たりのあるプラグインを複数無効化しています。

つまり、
その中で犯人となるプラグインが1つあるだけで
(もしかしたら2つ、3つあるかもしれませんが)
他のプラグインは悪くないわけです。

つまり問題ないプラグインまで無効化しているので
悪いプラグインを特定して
悪くないプラグインはもとに戻してあげないといけません。

問題ないプラグインを元に戻す手順

その手順ですが、
アンダーバーをつけたフォルダを1つずつ
もとに戻してあげて確認するという作業になります。

例えば、無効化したプラグインが4つあるとして
今、無効化しているので
_A
_B
_C
_D
というように各フォルダの前にアンダーバーがついてるはずです。

それを
A
_B
_C
_D
という感じで1つだけアンダーバーを外してあげて
サイトを更新してあげます。

で、それで問題なく表示されれば
Aというプラグインは悪くないということになります。

で、次に
A
B
_C
_D
という感じでBのプラグインも有効化してあげて
サイトを更新してみれることを確認、
これでもサイトが表示されたら
Bというプラグインも問題ないことになります。

で、
つぎに
A
B
C
_D
という感じでCのプラグインも有効化してあげて
サイトを更新したら
サイトが表示されなくなったとしたら
犯人はCというプラグインです。

そのCを再度無効化してあげましょう。
A
B
_C
_D

で、念のために
残りのプラグインでも同じ手順を踏みます。

A
B
_C
D
という形で
”問題があったCというプラグインは無効化したまま”
次のプラグインを有効化してあげて
サイトを更新します。

という形で1つずつ
無効化したプラグインを有効化しながら
原因のプラグインを特定するという作業を行います。

原因のプラグインが特定できたら

それが終わると後は簡単。
A
B
_C
D
E
F
_G
H
I
みたいな形で
問題があったプラグインのみ無効化されている状態となっていると思います。

その状態でwordpressの管理画面にログインしてあげて
プラグインのページにいって
無効化したプラグインを管理画面上から削除してあげてください。

上記の問題のあるプラグインの特定作業の段階で
フォルダを消してあげても問題はないかもしれないんですが
もしかしたら
wordpressの他のファイルと紐付けされていて
それだけ削除したら
wordpressgが動かないとかなると厄介ですので
管理画面から削除した方が安全です。

というのが手順です。

念のため、もう1度リンクを貼っておきます。

念のため、
再度リンクを貼っておくので
こちらでも確認していただくと
理解が深まると思いますよ。

以上、今日は
wordpressを更新したときに
サイトが見れなくなったときの対処法について説明しました。

編集後記

今回、説明するために
おそらく初めて
こういう動画を作りました。

今回動画を作ったことで
だいたい要領がわかりましたので
「こういう解説動画が欲しい」というのがあれば
是非是非ご要望ください。

————————————————
ご要望はこちらから

ご意見・ご質問はこちら


————————————————

例えば、
ずらしキーワードの見つけ方の実践動画とか
サイトの作り方の実践動画とか
売れる案件の見つけ方の実践動画とか
なんでもいいので☆

まぁ、
今はメルマガだけで精一杯なのですが
できそうな余裕があるときに(笑)
どんどん公開していこうと思います。

ということで、今日は以上です。

ブログランキングに参加しています。清き1票をお願いします☆

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加