ずらしキーワードの弱点とは? – リスティング初心者なび

ずらしキーワードの弱点とは?

スポンサーリンク

こんばんは、
リスティング初心者ナビのきよクマさんです。

1日、遅れましたが
お約束通り、
今日は
「ずらしキーワードの弱点」
という部分をお話しさせてください。

「ずらしキーワードの弱点」
あなたは何かわかりますか?

それは
そもそも、
そのキーワードで検索されるかどうかがわからないこと
です。

というのも
商標キーワードとか
関連キーワードの場合
まぁ、
「一般的な」キーワードで攻めていくので
広告を出した、
でも、インプレッションが出ない
みたいなことはないと思うんです。
(入札単価が低すぎるという原因以外で。)

でも、
ずらしキーワードの場合、
他のライバルとは視点をずらして
キーワードを決めるわけですよね。

ということは
視点をずらしすぎたのか
なんか、全然、広告が表示されねぇ(´;ω;`)
みたいなことが起こりうるんです。

せっかく、キーワード決めて
そのキーワードに対応するページも作って
広告を出したのに
広告が表示されないって嫌じゃないですか?

そのページにかかった
俺の時間返せよ、
みたいな 笑

なので、
この広告が表示されない
ずらしキーワードに関しての弱点を
補ってあげる必要があるわけですが

その対策は・・・・

ありません 爆

だって、
広告を出す前に
そのキーワードで広告が表示されるかどうか
なんて、
分かるわけないじゃないですか。

もちろん、
完全一致で広告を出せば
キーワードツールで出てくる検索数が目安になるので
まぁ、
分からなくはないんですが
でも、
あくまでも、それ目安ですし、
そもそも
しっかりと検索数が出るようなキーワードって
ライバルにも見つけられてますよね。

しかも
部分一致の場合
どの部分がトリガーとなって
広告が表示されるのか
それが分からないので
「広告を出す前に」広告が表示されるかどうかなんて
分かるわけがありません。

じゃあ、
その対策はどうするか?
ですが
結局は
「とりあえず広告を出してみる」
ということに尽きると思います。

ただ、
その場合も
なるべく労力を減らすようにしましょう。

具体的には
僕は
「時間があるとき」
「時間がないとき」
の2つの場合で、対策が変わってきます。

まず、
時間がないときですが
商標キーワードで作るような商品説明ページを作って
そのページで広告を出します。

で、
それがLPなんですが
そこのキーワードに
出したいずらしキーワードを
「ドンっ」とまとめて設定します。

今回の事例でいうと
1つの広告グループの中に
 
 ・ジョギング 痩せない
 ・筋トレ 体重 減らない
 ・食事制限 痩せない

というようなキーワードをまとめて設定するような感じですね。

あっ、もちろん部分一致でね。

で、
実際に広告を出してみて
・何円で広告が表示されるか
・何円でクリックがされ始めるか
・どういう検索クエリで広告がよく表示されるか
・もしコンバージョンが発生する場合は、その検索クエリもチェック
この辺りを実データで調査します。

で、それがわかったら一旦、広告を止めます。

あと、
このテストの段階で
自分が希望するような入札単価付近で
広告が表示されなかったら
そもそも需要がないと悟って、
そのキーワードは諦めます。

で、
テストの段階で
自分が希望する入札単価以内でしっかり広告が表示されたら
今度は
コンバージョンが発生する
もしくは
一番よく、インプレッションが出るキーワード
をベースに
そのキーワードに関連するページを作ります。

で、
そのページで
新たに広告を出稿します。

これであれば
次に広告を出稿した場合は
すでに入札単価もわかってますし、
そのキーワードで広告が表示されることも
わかってます。

もっと言えば、
ページを
そのキーワードに最適化をしているので
 ・キーワードとページの関連性、
 ・キーワードと広告文の関連性
この2つが良くなるので
結果として広告の品質が良くなり、
入札単価を減らしても広告が表示されるようになります。

こうすることで
「せっかくページを作ったのに
 広告が表示されなかった、チクショー」
みたいなリスクは減りますよね。

で、
これが時間がないときの場合。

時間があるときは
キーワードごとに
簡単にページを変えてあげます。

と言っても
全てを作り変えるわけではなくて
頭だけ変えたページを作ります。

例えば、
今回の場合、

 ・ジョギング 痩せない
 ・筋トレ 体重 減らない
 ・食事制限 痩せない

こういうキーワードで広告を表示するわけですが
これらって
すべて「悩み」に関するキーワードですよね。

で、
それに対しての解決策として
この商品があるわけですよね。
http://1-realbeauty.com/hs42/lwVj3/?ad_code=lwVj3

なので、最終的に
上のヒートスリム42℃を紹介するということは
変わらないわけですよ。

なので、
ページを3つ作ってあげるのですが
その3つのページで変わるのって

「〇〇ということでお悩みではありませんか?

 〇〇だと△△で辛いですよね。

 〇〇の原因は代謝が悪いことにあるんです。

 つまり、
 あなたの代謝をよくすれば
 結局、その悩みを解決できるわけですが」

みたいな部分だけ変えて

あとは、
その解決策としてヒートスリム42℃
の提案、
その商品の詳細説明を書いてあげればいいだけで
この部分はどのキーワードのページでも
共通する部分です。

つまり、
頭だけ変えたページを3つ作って
それぞれ別の広告グループで
広告を稼働してそこでテストをする
という感じです。

あとは
時間がないときと同じテスト方法で
テストをしていきます。

こうすることで
何がいいかというと
ページが最低限、最適化されたページで
広告が表示されるので
もしかしたら
そのキーワードでコンバージョンするかもしれないんですよね。

実際に重要なのは
どのキーワードで広告が表示されたか
より
どのキーワードでコンバージョンが発生したか
の方になるので
それがわかった状態で
ページを作り変えることができるのって
大きいですよね。

前者の時間がないケースだと
クリックはされても
コンバージョンまでいかないケースがほとんどですので。

なので、
時間がある場合は
ある程度
ページを頭部分だけでも
しっかり作り込んであげて
広告を表示するこれが大事だと思います。

まぁ
僕の場合は
大半というか8割近くが前者です 笑

色々、
やりたいこともあるし
子育てもやってるんで
時間ないんで 汗

ほんとはもっと時間をかけて
やりたいんですけどね(^_^;)

ということで
今日はずらしキーワードの弱点と
その対策についてお話ししました。

少しでも参考になればと思います。

それではまた明日。

編集後記

こっちの羽生さんは笑顔で
https://news.yahoo.co.jp/pickup/6272454

こっちの羽生さんは残念でしたね。
https://news.yahoo.co.jp/pickup/6272447

でも
どちらも歴史的偉業だと思います。

やはり
このくらいの「超一流」
と言われるレベルだと見てる方が感動しますね。

僕もPPCアフィリで
「超一流」になれるように頑張ります!

追伸)
無料レポート、作りました!
ご参考にどうぞ!

http://mailzou.com/get.php?R=103464

(Visited 66 times, 1 visits today)

ブログランキングに参加しています。清き1票をお願いします☆

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加