ABテスト – リスティング初心者なび

ABテスト

スポンサーリンク

ABテストとは、広告を2種類テストすること。

例えば、リスティング広告では
1つの広告グループに2つの広告分を追加して
「どちらの広告が良い反応をするか」というのを競わせる。

そして、その2つの広告(仮に広告Aと広告Bとする)のうち
もし広告Aの方が反応が良ければ、
広告Bを停止して、
広告Aに似ている広告文A’と広告文Aで再度テストする。

広告Bの方が反応が良ければ
広告Aを停止して、
広告Bに似ている広告文B’と広告文Bで再度テストする

そのような感じで、2つを競わせて、
反応のいいもののみを残し、それと競わせる新たなものを追加することで
また2つのものを競わせる。
というのをひたすら繰り返すことで
広告の改善を行うことをABテストという。

このABテストをひたすら繰り返すことは
リスティング広告だけでなく、各種マーケティングにおいて
必須の作業といえる。

ちなみに3種類以上ではなくて
常に2種類でテストを行うのは、
広告表示回数を増やすことでテストのスピードを早めるため。

例えば1回のテストで6000回広告が表示されるとすれば
ABテストの場合は1つの広告に3000回表示される計算だが
広告3つでテストすると2000回しか表示されない計算になる。

もちろん、多くの回数表示された方がテストの機会は増えるため
その分、テストのスピードを早めることができる。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加