PPCとSEOにおけるずらしキーワードの違い – リスティング初心者なび

PPCとSEOにおけるずらしキーワードの違い

スポンサーリンク

こんばんは、
リスティング初心者ナビ きよクマさんです。

今日はPPCとSEOにおけるずらしキーワードの違いについて説明します。

というのも
正直、この2つの違いについて
最初にしっかりと理解しておかないと
もしSEOのずらしキーワードの教材を買って実践したとしても
「あれ、PPCと全然違うな・・・」
みたいな形で挫折しかねません。

ですので、
まずは、ここをしっかり押さえてください。

大きな違いは集客

で、早速答えの方を書いていきますが
大きな違いは「集客」です。

簡単にいうと
PPCのずらしキーワードではリスティング広告で集客しているのに対し
SEOのずらしキーワードはもちろんSEOで集客しているわけです。

それはわかると思います。

じゃあ、ここで
なんの違いが出てくるかというと
当然、
1つはスピードですね。

広告を使っている以上、
PPCの場合は即日からでも集客できる可能性があります。
ただ、
SEOの場合、
googleにインデックスされないといけないので
集客効果が出るまで時間がかかります。

なので、
人によっては
SEOのずらしキーワードだと
「PPCみたいに集客できない!」とお悩みになられるかもしれませんね。

そして、
この集客についてもう1つ大きな違いがあります。
さっきのスピードについては、皆さんご存知なんですけど
こっちの違いについては案外見落としがちなんですが
何かわかりますか?

答えは「部分一致」です。

PPCアフィリを実践されたことがある方なら
お分かりだと思うんですけど
よっぽど検索数があるキーワードでない限り
キーワードの出稿方法って部分一致で出稿すると思うんです。

で、部分一致の場合って
「似ているキーワードなら、その検索結果にあなたの広告に表示しますよ」
ってことなんで、
そこまでキーワードに神経質にならなくても
案外集客できるわけです。

でも、
SEOのずらしキーワードの場合、
そうはいきません。

基本、
タイトルタグやhタグ、ページの内容をベースに
キーワードとそれらがマッチしていたら
検索結果にあなたのページが表示されますので
「似てるから表示するよ!」ということはないわけです。

これって、ある意味、
メリットでもあってデメリットでもあるんですよね。

というのも
部分一致のように
なんとなくの集客ができないから、
PPCに比べて集客効果が低い
というのは確かにSEOのずらしキーワードのデメリットかもしれません。

ただ、
逆にいうと、
”訳の分からない”キーワードで流入してくることがないので
ページを見た人の成約率は高くなるというメリットがあります。

よく、
PPCで検索クエリを見てたら、ありませんか?
「なんじゃ、このキーワード。全然、関係ないやん!」
みたいなこと 笑

そんな意味不明な集客がないんです。

なので、
そういう意味で
PPCに比べて
アクセスの量は少ないけど、アクセスの質はいい
というのがSEOのずらしキーワードの特徴です。

あと、
集客がキーワードだけに絞られない
というのも
SEOのずらしキーワードの特徴ですね。

PPCアフィリの場合、
設定キーワードベースで
そのページが広告一覧に表示されるかどうか
決まると思います。

ただ、
SEOの場合、
それだけじゃなくて、
そのページに書いているコンテンツの内容も
判断基準に入れられます。

例えば
ページのタイトルが
「リスティング初心者ナビがすごい」というページがあったとして
ページの内容に
「きよクマさんが・・・」
みたいな形で、”きよクマさん”というキーワードがいっぱい入っていると
ページに含まれてもいないのに
”きよクマさん”という検索キーワードで検索した際に
そのページが表示されるという感じですね。

なので、
良くも悪くも
そのページの文章にすごく気をつけないといけません。

PPCアフィリの場合、
セールスだけを意識した文章でいいものを
SEOで集客する場合、
SEOを意識しながら、
どういうキーワードを使って、どういう言い回しにするか
というのをしっかり考えないといけません。

これもPPCとSEOの大きな違いですね。

サイト構成の違いも大きい

今までは”集客”にスポットを当てた違いをお話ししましたが
サイト構成の違いも大きいです。

というのも
現状、
PPCアフィリって”ペラページ”と言われる
1ページもののページで集客してると思うんです。
(4月の規約変更後はどうなるか分かりませんが)

でも、
SEOの場合、
複数ページで構成された
本当の意味でのサイトになっている訳です。

これも
メリット・デメリットの両方があります。

まず、デメリットから紹介すると
”めんどくさい”ということです 笑

1ページだけであれば
文章もそれなりでいいじゃないですか。

でも、複数ページ書かないといけないとなると
それなりに、労力がいりますよね。
あと、各ページ間の内部リンクなどにも
気を使ってあげないといけません。

そういう意味で
労力的にも精神的にもめんどくさいんです。

でも、
逆に、メリットもあって
それは「成約率が高まる」ということです。

というのも
1ページだけでセールスをかけなくていいんですよ。

複数ページあって
その中のどれかで
”あっ、この商品ほしい”と思ってくれたらいいんですし
複数ページで
説明の役割分担ができるんで
1ページにかかるセールスの負担が減るんですよね。

例えば、
1ページセールスページで
他のページで
成分の説明をしたり、価格の説明をしたりと
そのセールスページの魅力を説明するための
補足説明ができるので
当然、ユーザーにとっても
情報量が多くなって、買いたくなるんですよね。

なので、
そういう意味で成約率が高まります。

後、
google analyticsを見てみると
最初のページからどのページ行って
どのページが何秒読まれていて
一番読まれているのはこのページだから
このサイトに訪れた人が求めている情報はコレ
みたいな形で
ユーザーのニーズを知りやすいんですよね。

PPCアフィリの場合、
せいぜい、
検索クエリとヒートマップくらいじゃないですか。

それが
SEOの場合、さっき説明したような
様々な判断基準で判断できるんで
そういう意味で
ユーザーが知りたがっている情報を書きやすいんですよね。

まぁ、
後、
他にもPPCとSEOでずらしキーワードの違いは
いくつかあるんでしょうけど、
文章が長くなって
指が疲れてきたんでこの辺でやめときます 笑

とにかく、
PPCのずらしキーワードと
SEOのずらしキーワードは
色々と違いがあるから、
PPCのずらしキーワードの概念を
そのままSEOに持ってくると失敗するよ
ということだけ覚えといてください。

あと、
今回、このメール書いてて思ったのは
PPCのずらしキーワードに比べて
SEOのずらしキーワードは
色々と手間と時間はかかるんでしょうけど、
その分、手間さえかけりゃ、
その後の成果が見えやすいというとこで初心者向けなんでしょうね。

なので
PPCアフィリのずらしキーワードで
いまいち成果が出てないんだ
という方は
まずはSEOのずらしキーワードを試してみるのもオススメですよ。

以上、
今日は
PPCとSEOにおけるずらしキーワードの違いについて
説明しました。

明日は
SEOのずらしキーワードのメリット・弱点
について説明していこうと思います。

まぁ、
今日で大体、メリットとかデメリットも語ったんで 笑
今日のメールをまとめたり、深掘りしていく感じですね。

それではまた明日。

編集後記

なんか、
頭にアイデアが色々思い浮かんでて
でも、
僕は1人で、そんな何でもかんでも挑戦できるほどの
カネも時間も無いんで
やきもきしている今日この頃です 笑

最近、
「これ、ハマるとヤバいね。
 今までに聞いたことないノウハウやしね」
みたいなことがメッチャ増えてます。

まぁ、
1個ずつ、検証していきながら
うまくいったら
メルマガか教材か何らかの形でシェアしていくので
お楽しみに!

(Visited 51 times, 1 visits today)

ブログランキングに参加しています。清き1票をお願いします☆

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加