YDNのオススメ手法2~ヒューマンターゲティング~ – リスティング初心者なび

YDNのオススメ手法2~ヒューマンターゲティング~

スポンサーリンク

tsu_ringopp_tp_v

こんばんは、きよクマさんです。

昨日から
僕がオススメする
YDNの手法をお伝えしております。

昨日のメールはこちら

YDNのオススメ手法1〜サーチターゲ〜
こんばんは、 こんな夜中にきよクマさんです。 色々作業してたら 深夜1時になっちゃいました(汗) さて、昨日お約...

で、今日は2つ目のオススメ手法です。

YDNのおすすめ手法 ヒューマンターゲティング

2つ目のオススメの手法は
「ヒューマンターゲティング」です。

・・エッ?
聞いたことがない?

そりゃそうでしょう、
僕が勝手に作った言葉ですから 笑

この手法は
その名の通り
「人」に焦点を当てて
商品を売り出していく手法です。

分かりやすいように
例を出して説明しましょう。

例えば、ダイエット。

ダイエットしたい人って
24時間365日、
ダイエットのことばかり考えてると思いますか?

そんなわけないですよね。
そんなんだったら、
とっくに痩せてます 笑

もちろんダイエットのことも考えながら
昼間は仕事したり
夜は美味しいもの食べたりしてるわけです。

今回の手法は
そこに着目した手法です。

つまり、
「この商品を買う人はどういう人か」
を想定して
「その人がよく見るサイト」に
広告を出稿してあげるのです。

ダイエットの例で説明すると・・・

例えば、
さっきの
ダイエットの例で
説明しましょう。

ダイエットが好きな人って
食べるのが好きだったり
よく食べる
イメージありますよね。
(もちろん
 太ってる原因は全部食べすぎ
 なんて思っていませんので
 悪しからず。)

じゃあ、
そういう人って
「食べログ」とか「クックパッド」を
よく見るはずです。

なので
そういう
グルメサイトやレシピサイトに
「食べすぎは太る原因ですよ。」
みたいな広告があれば
効果あると思いません?

今回の手法は、そういう手法です。

つまり、
そういう風に「人」に着目して
その人がどういうサイトを見るかを考えて
プレースメントターゲティングや
インタレストカテゴリ、サーチターゲティング
などで広告を出稿してあげるのです。

もう1つ。カメラを例に出して説明

もう1つ例として
「カメラを売る場合」を
考えましょう。

当然、
普通にカメラを売ろうとしたら
「カメラ関係のサイト」であったり
「カメラ オススメ」というような
サーチターゲティングで
広告を出稿しますよね。

でも、今回は
カメラが欲しい人
に着目しましょう。

カメラが欲しい人は
「なぜ」
カメラが欲しいのでしょうか?

もちろん、
いろんな理由があるのでしょうが
その中で
「自分に都合がいい人」を
1人ピックアップしてあげます。

今回、考えたのは
「幼稚園・小学生くらいの子供がいる人」
です。

そういう人の場合、
子供の運動会とか卒園式・入学式とかで
シャッターチャンスがあるので
カメラが必要になりますよね。

しかも
なるべくいいカメラが欲しい
と思うはずです。

そういう人が普段どういうサイトを
見ているかといえば
例えば
「レジャー(遊園地とか)」系とか
「子育て情報サイト」みたいな
サイトを見ているはずですよね。

なので、
そういうサイトに
「大事なお子さんの
 シャッターチャンスで
 失敗しないために・・・」
みたいな訴求方法で
広告を出せば売れそうですよね。

そんな感じで
「その商品を買う人は
 どういう行動をするか」
ということを
考えてあげるのが
ヒューマンターゲティングです。

そんなこんなで今日は以上です。

明日もオススメの
YDNの手法をお伝えしますので
お楽しみに♪

編集後記

検索広告でずらしキーワードを考えるときも
今回のYDNでも
共通して言えることが
「人」に着目するということです。

あなたは
「画面の向こう側に人がいること」
ちゃんと感じてますか?

たまたま
インターネット経由、画面経由なだけで
しっかりと
画面の向こうには人がいますから
会話してあげてくださいね。

それが
ずらしの能力を
向上させるための一番の方法です。

今日はここまで☆

(Visited 121 times, 1 visits today)

ブログランキングに参加しています。清き1票をお願いします☆

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加