近くにオープンしたクリニックの悲劇・・・ – リスティング初心者なび

近くにオープンしたクリニックの悲劇・・・

スポンサーリンク

こんにちは、
リスティング初心者なび きよくまさんです。

今日は
僕の家の近くにオープンした
クリニックの話という
超ローカルネタをしようと思います 笑

近くにクリニックができました。

僕の家から徒歩5分のところに
11月から
新たにクリニックができたんですよね。

今まで
病院とかクリニックって
車で10分くらいの場所だったので
そんな近くにクリニックができたことに
僕は超テンション上がりました 笑

まぁ、子供が熱出したらすぐ連れて行けるとか
自分が風邪引いたらすぐ行けるとか
そんな感じですごい期待してたんですが、
そのクリニック、1つ弱点があったんです。

それは、
外観からは
何科のクリニックがわからないこと 汗

つまり、
子供を見てくれるのか
内科なのか、
それとも外科なのか
美容外科なのかが一目でわからないんです・・・。

もちろん、
中に入って
「ここ何かのクリニックなんですか?」
と聞けば良いんでしょうけど、
それもめんどくさいですし。

なので、
クリニックに行きたくても
何ができるクリニックなのかがわからないんで
行くことができないんです。

これ、ネットでも同じですよね。

で、何が言いたいかというと、
これってネットでも同じことが言えますよね。

せっかくPPC広告を使って
自分のサイトに集客したところで
自分のサイトがなんのサイトなのか
それがユーザーに分からなかったら
「自分に関係ないかも?」と思って即離脱してしまいますよね。

特に、
ずらしキーワードで
集客している場合、
「このサイト、自分に関係ない」
と思って離脱されることが多くなりがちです。

例えば、
登録ページで紹介している
「赤ちゃん 鼻づまり」というキーワードで空気清浄機を紹介する
そういうケースだって
「赤ちゃん 鼻づまり」というキーワードで流入してきた人に
「今オススメの空気清浄機はこちら」
といきなり紹介しても
「あれ、これ私に関係ないかも」と思われるだけですよね。

だから、その前に
「赤ちゃんの鼻づまり対策」
みたいなヘッドコピーで
「あなたに関係のある情報ですよ」という前振りをしてあげといて
そのあとで
「鼻が詰まるのは空気が汚いから」
「鼻づまりを防ぐには空気をできるだけ綺麗に」
「今オススメの空気清浄機はこちら」
というふうに紹介してあげる必要があります。

つまりファーストビュー・ヘッドコピーが重要ってことです。

なので、
今回言いたいことは
しっかりと
ファーストビュー・ヘッドコピーで
「このサイトはあなたが求めてる情報が載ってますよ」
ということを説明してあげることが必要ということです。

あなたのサイト(ペラページ)、
しっかりキーワードとファーストビュー、一致してますか?

もし、
一致していないのであれば
それが
離脱率を上げている原因かもしれませんよ。

一度確認して上げてくださいね。

以上、
近くにクリニックがオープンしたという身内ネタから
PPCアフィリでキーワードとファーストビューの一致が重要
という気づきを説明しみました。(我ながらお見事 笑)

(Visited 30 times, 1 visits today)

ブログランキングに参加しています。清き1票をお願いします☆

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加