現在、きよクマさんが実験中の手法はこれ! – リスティング初心者なび

現在、きよクマさんが実験中の手法はこれ!

スポンサーリンク

5c3a9e8966fab29bd3bcc11c674b95ea_s

こんばんは、きよクマさんです。

今日は
僕が今、実際に注目している
PPCアフィリの手法についてお伝えします。

今の僕のPPCアフィリの作業について

さて、 最近の僕のPPCアフィリの状況について
お伝えしてなかったので
その辺りを今日はご説明しておこうかなと思います。

まぁ最近はメルマガ読者さんにお届けする
無料レポートをコツコツ作っていて
あんまりプレイヤーとしての活動は
少ないのですが
今、1つ実験的に行なっていることがあります。

それが
Google AdwordsとYDNを組み合わせたPPCアフィリです。

と言っても意味不明だと思うので(笑)
詳しく説明していきますね。

Adwordsって出稿できるの?

まず、
世間一般では
「Google Adwordsでは広告を出せない」
と言われているので
その辺りの誤解を解消しますね。

え〜っと、僕が今
Adwordsで広告を出しているように
実際にAdwordsで広告出稿は可能です。

で、よく言われる
AdowordsでPPC広告を出せる基準として

 ・ユーザーに有益なコンテンツがないといけない
 ・なので、ペラページは当然だめ
 ・独自コンテンツが必要
 ・サイト内で「並び替え機能」や「検索機能」がないといけない
 ・ページ数が30ページ以上が必要

と言われています。
なので、普通は
Google Adwordsに出せるサイトを作るためには
数日はかかるでしょう。

でも、僕は30分で作ったサイトで
Google Adwordsに出稿できています(爆)

その秘密を今からお教えします。

あっ、これ、有料級情報ですよ(笑)

Adwordsで広告出稿可能なサイトをたった30分で作る方法

さて、
肝心の
Adwordsで広告出稿可能なサイトをたった30分で作る方法 ですが
その秘訣は
ドロップシッピングサイトを作成することです。

ドロップシッピングをご存じない方のために
説明しておくと
ドロップシッピングとは
アフィリエイトと物販の中間のようなものです。

っていうのが
実際にサイト上でものを売るのですが
ものが売れた場合の発送などは
業者がやってくれるので
こちらは商品を売るだけ、
つまりアフィリエイトと同じです。

ただ、アフィリエイトと違うのが
報酬の面です。
例えば、
アフィリエイトであれば
「この商品を売ったら、何円」とか
「商品価格の何%」とかいう形で
あらかじめ報酬が決まってると思うのですが
ドロップシッピングは決まっていません。

むしろ自分で決められます。

じゃあどういう風に決まるかというと
自分で商品の販売価格を決められるのです。

ですので、その販売価格と
あらかじめ決まっている卸価格の差分が
自分の報酬になります。

なので、誤解を恐れずにいうと
ドロップシッピングとは
自分で報酬を決められるアフィリエイトみたいなものです。

で、
そのドロップシッピングサイトを
作れば
google Adwordsでも
広告を出稿できます。

でも、そういうこというと
次に
「ドロップシッピングサイトって作るの難しそう」
っていう不安が出てきますよね。

実は簡単です。

ドロップシッピングというのが
「もしもドロップシッピング」というサイトで
できるんですが
そのサイトにもともとサイト作成ツールが存在します。

A8でもファンブログってありますよね?
それのドロップシッピング専用みたいなものです。

もしもドロップシッピングの
サイト作成ツールが
「ショップ出きすぎくん」っていうのですが
(ダサっ 笑)
それを使えば簡単にドロップシッピングサイトが作れます。

管理画面で
ショップを作って
そのショップ上に
管理画面上で商品を追加するだけです。

多分、
wordpressなんかより
よっぽど簡単です。

で、このツールを使って作ったサイトがこれです。

で、このサイト
商品数が410ページあるのですが
僕は30分で作れました。

まぁ
慣れていない方でも40〜50分くらいで
作れると思います。

で、さっきのサイトなんですが
あのサイトで
Adwordsに広告出稿しています。

ただ、Adwordsでの広告出稿にも
ちょっと工夫がいるので
ご注意ください。

Adwordsでの広告出稿方法

で、さっきの手順でサイトを作ったら
Adwordsで広告を出稿するんですが、
普通の広告出稿ではなく
【商品リスト広告】というタイプの
広告出稿パターンで広告を出稿します。

商品リスト広告ですが
例えばgoogleでカメラって検索すると

list_a

こんな感じになると思うんですが
上記の赤枠のように
検索結果に商品一覧が出ると思います。

この商品一覧、実は広告で
この広告のことを
商品リスト広告と言います。

で、ドロップシッピングサイトですが
この商品リスト広告で
広告出稿します。

なので、
今までのことをまとめると

① もしもドロップシッピングの
  ショップできすぎくんで
  数百ページのサイトを作る

② それをAdwordsの商品リスト広告で
  広告出稿する

という手順になります。

で、その手順になるんですが
ちょっと待ってください。

おそらく、それだけでは失敗します・・・。

商品リスト広告にご用心

で、その商品リスト広告なんですが
ちょっと前にも実践したことがあるんですよね。

その時は
ネックレスのドロップシッピングサイトを作って
商品リスト広告を出したんですが
1クリック30円くらいで200クリック
つまり6000円の広告費をかけました。

で、かけたんです。
かけたんですが・・・

なんと1件も売れず。

まぁ原因は色々あると思います。
例えば、
その時も30分くらいで
サイトをサクッと作ったので
サイトが魅力的じゃなかったのもあるでしょう。

あと、
商品リスト広告自体も
初期のアカウント設定で
大幅に効果が変わるものでもあるので
初期の設定もまずかったかもしれません。

まぁ、そのような色々不備があって
6000円の大赤字を出してしまいました(汗)

でも、また商品リスト広告を始めたのには
実は狙いがあります。

今回のきよクマさんの狙い

で、今回、商品リスト広告を使っている狙いですが
いわゆる「属性売り」をしていこうと思っています。

今から具体的な説明をしますね。

まずですが、
僕がアフィリエイトしたいのは
この商品です。

いわゆる高級ドッグフードで
A8の案件です。

1個売ったら3960円の報酬がもらえます。

で、
これを売ろうとした時に
「ドッグフード おすすめ」とか
「ドッグフード 通販」とかいうキーワードって
クリック単価が高いんですよね。

低くても60円、高ければ100円超えるような
クリック単価です。

なので、
普通に勝負してもあまり利益が出なさそうです。

かと言って、
「ペディグリーチャム」みたいな感じで
ライバルの商品名で広告出稿しても
成約率とか低そうだし・・・。

で、どうしようかなぁと思った時に
もちろん
ずらしキーワードで戦うっていう方法も1つなんですが
それはそれで真剣に考えるのが面倒(爆)

その時に思いついたのが
今回の商品リスト広告です。

さっき見てもらったサイト
これなんですが
見てもらったらわかるように
ドッグフードをドロップシッピングで販売しています。

で、それの集客が
商品リスト広告です。

商品リスト広告を使えば
各商品の商品名で検索した時に
商品ページへと誘導できて
しかも、クリック単価が安いです。

list_b

上記のように現段階で
9円とかいうクリック単価で誘導できています。

だいたい平均すると
クリック単価が
通常のPPC広告の1/5くらいと言われています。

で、
そのページ上に
YDNのリターゲティングタグを埋め込んでおくのです。

じゃあ、
当然、ドッグフードの商品を検索しているユーザーって
かなりの確率で
ドッグフードを探しているユーザーですよね。

つまり
そのユーザーって
僕が今回紹介している
「モグワン」っていうドッグフードでも
買う可能性はあるわけです。

まぁドッグフード欲しがってるユーザーなんですから
可能性は高そうですよね。

つまり、そういうことです。

いわゆる
「ドッグフードをアフィリエイトしたい」
→「でも通常のスポンサードサーチでcpcが高い」
→「クリック単価が安い商品リスト広告で見込み客を集めて」
→「そのユーザーをリターゲティングで追っかけて
  肝心のドッグフードをアフィリエイトしよう」
というような感じです。

なので
マーケティング的にいうと
ドロップシッピングサイトがフロントエンド(入り口)
通常のアフィリエイトページがバッグエンド(本来の目的)
という感じです。

なので
ドロップシッピングを使って
どんどん見込み客を集めていき
それをリターゲティングで追っかけて
本当に売りたいものをアフィリエイトする
って感じです。

もちろん、他にも応用できます。

今回はテストマーケティングということで
ドッグフードでやっていますが
別にドッグフードにこだわる必要はないですよね。

例えば
「化粧品」をアフィリエイトしたいなら
「化粧品」のドロップシッピングサイトを作ればいいし、
もっというと
「美に興味がある」という観点で考えると
「ネックレス」とかのアクセサリー系の
ドロップシッピングサイトでもいいですよね。

要は、
売りたい商品に関連するアクセスが集まれば何でもいいんです。

で、
リターゲティングで追っかけて
そのサイトでしっかりとアフィリエイトする。

これで売れないわけはありません。

あとは問題は
「いくらのクリック単価で見込み客を集めるか」と
「どういうサイトでリターゲティングするか」
みたいな細かい部分になります。

とりあえず、
今、その部分も含めてテストマーケティングしてるので
また結果が出たらお教えしますね☆

何の音沙汰もなかったら
「あっ、失敗したんやな」と思っといてください(笑)

編集後記

多分、商品リスト広告を使って
PPCアフィリをしてるのって
この広い業界見回しても、僕くらいじゃないでしょうか。

まぁ、昨日も言った通り
PPCアフィリを作業とするんではなくて
このようにチョピット風変わりな
PPCアフィリをお届けしていきますので
今後ともお楽しみに☆

(Visited 230 times, 1 visits today)

ブログランキングに参加しています。清き1票をお願いします☆

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加