オファーと提供内容が違うからクレームが来る – リスティング初心者なび

オファーと提供内容が違うからクレームが来る

スポンサーリンク

おはようございます、
ボナセーラ
リスティング初心者ナビきよクマさんです。

つい最近
SNSで炎上した
「インスタのフォロー全員に3万円プレゼント」
という件について知っていますか?

インスタのストーリーで
「24時間以内にフォローと@(メンション)してくれた方
 全員に3万円あげます。」
というオファーをして
その
フォローと@(メンション)した方に
実際にあげるのが
「自己アフィリで3万円稼ぐ方法教えます」
というやつ。

これが
「なんだ、3万円もらえない、
 ただのフォロー稼ぎじゃないか!!怒」
という風に
炎上しているらしいです。


ここから学べる教訓

さて、
これは
ただのフォロワー稼ぎたい人がやらかしただけ
なので
「へぇ、そんなことがあったんだ」
くらいでよいと思うんですが
実は
今回の一連の出来事から
あなたも学べることがあります。

それが
「オファーと提供内容が違うからクレームが来る」
です。


オファーってなに?

まず、
初心者のためにあらかじめ説明しておくと
オファーというのは
「読者に対する約束」です。

どういうことかというと
「あなたが
 こちらが希望する行為(登録や購入)をしてくれたら
 その代わりに
 私はあなたに○○(商品提供、価値提供、無料レポート提供)します。」
という感じで
読者に対して約束するものがオファーです。

たとえば
「メルマガ登録で無料レポートをプレゼント」
もオファーですし

「僕からこの商品を買っていただいたら
 特典としてこの特典を提供します。」
もオファーです。

また、
「この商品を買うことで
 あなたは膝の痛みから解放されます。」
もオファーです。

つまり
読者目線からすると
自分が行動したときに
見返りとしてもらえるものがオファーになります。

そして
今回、問題だったのが
そのオファーでもらえるはずだったものと
実際にもらえるものに違いがあったから
つまり
約束が守られなかったことです。


オファーと提供内容が違うからクレームが来る

今回
「24時間以内にフォローと@(メンション)してくれた方
 全員に3万円あげます。」
というオファーに対して

提供内容が
「自己アフィリで3万円稼ぐ方法教えます」
になっていました。

なので
読者からすると「3万円もらえる」
と思ってたのに
もらえるのが「3万円稼ぐ方法」だったから
そこで不満が出たんです。

これ、
もし
「24時間以内にフォローと@(メンション)してくれた方
 全員に『簡単に3万円稼ぐ方法』教えます。」
だったら
炎上しなかったと思います。
オファーと提供内容が同じなので。

まぁTwitterで情報収集する限り
今回、炎上した情報発信者は
分かってて、あえてコレをした
つまり
詐欺的行為をあえてしたらしいですけどね。
(個人的には一番嫌いな行為です。。。汗)


あなたが記事を書くときにも気をつけましょう

で、
この「オファーと提供内容が違う」
という内容、
あなたが記事を書くときにも気を付けてほしいと思っています。

というのも
たとえば、
トレンドブログでよくあるのが

「白石麻衣の離婚歴・元旦那は?
 離婚理由がひどい。。。」
というタイトルで
実際に記事を見てたら
「白石麻衣は結婚もしていないので
 当然離婚もしておらず、元旦那もいません。
 ですので
 離婚理由なんかも存在しません。」
という内容。

これ
オファー:白石麻衣の離婚歴・元旦那、離婚理由について教えます
提供内容:白石麻衣の離婚してないから元旦那や離婚理由は存在しない
という風に
オファーと提供内容が違いますよね。

こういうふうに
記事タイトルで約束したことと、
実際に提供した内容が違う場合、
読者は不信感しかもちません。


セールスの場合、
このバランスが非常に難しいので注意が必要です。


セールスでオファーと提供内容が違わないか

例えばですが
記事タイトルで
「無料で効率よく痩せる方法を紹介」
という訴求をしてて

提供内容となる記事内容で
「無料では効率よく痩せられません。
 効率よく痩せるには、サプリを買いましょう」
という内容であれば

オファーと提供内容が違うので
不信感を持たれて購入されにくいのは分かると思います。

これは、結構、みんな気を付けるんですよ。

でも、こういう場合はどうでしょうか?

記事タイトルで
「無料で効率よく痩せる方法を紹介」
という訴求をしてて

提供内容となる記事内容で
「無料では効率よく方法として
 1.筋トレ
 2.ランニング
 3.食事制限
 があります。(各項目について詳しく説明)
 
 ですが
 それ以上に効率よく痩せるには、サプリを買いましょう」
という内容。

これ、
ある種、
「無料で効率よく痩せる方法を紹介」というオファーに対して
「無料で効率よく痩せるには筋トレ・ランニング・食事制限」
という情報を提供しているので
オファーと提供内容が一致しているように見えます。

でも、
おそらくですが、この書き方じゃ成約率は伸びません。


この記事じゃ売れない理由

というのも
一見
無料で効率よく痩せる方法を提供しているようで
本当は
有料商品を訴求したい、そこがゴールであることが
かなり見え透いているからです。

だから
ユーザーとしては
「けっ、結局、商品売りたいだけじゃねぇか」
というような反感を買ってしまうのです。

で、
反感を買わないためには
無料情報
すなわち
「無料で効率よく痩せるには筋トレ・ランニング・食事制限」
の情報について、もっと濃い情報を提供することですが
もし
ここで
この部分で濃い情報を提供したらどうなるか分かりますか?

はい、そうです。
「うわぁ、なんて良い情報なんだ。
 まずはこの情報を使って自分で挑戦してみよう」
となるんです。

なので
無料部分で薄い情報なら
「結局、売りたいだけだろ」と反感を買いますし
無料部分が濃い情報なら
「まずは自分でやってみよう」と思われて商品購入に至らないと
どっちにいっても泥沼の状態です 汗


セールスレターでも同じ

なお、
この「オファーと提供内容を一致させる」というのは
セールスレターでも同じです。

というのも
セールスレターって
たとえば

キャッチコピー:アナタが○○できない理由(○○できる方法)を公開します。
P:問題
A:共感
S:解決策
O:オファー
N:商品詳細
A:行動

という流れで進んでいくと思うんですが

このキャッチコピーで約束したものを
PASONA内で
しっかりと訴求できていなければ
「タイトルと内容が違う!」という反感の元になりかねません。

例えば、よくあるのが
「あなたがPPCで稼げない方法をズバリ答えます!」
というキャッチコピーで

P:稼げなくて困りますよね
A:稼げないことで・・・・・。そんなあなたもこのページを読めばその悩みが解決します。
S:PPCにある手法を使えば、稼げたんです
O:そこで、その手法をまとめたレポートを提供します
N:そこには私がPPCで稼げるようになった秘訣がかかれています・
A:今すぐ登録してください

という流れのもの。

これ、
何が悪いか分かりますか?

これ、よく見ると
オファーと提供内容が異なってるんです。

というのも
「PPCで稼げるようになる方法を教えます」
というオファーに対して
提供内容は
「PPCで稼ぐためのレポートをメルマガ登録後、差し上げます」
ということで
その情報を得るために「メルマガ登録」というハードルが1つ入ってるんです。

なので、
読む側としては
「なんや、メルマガ登録しないといけないんかい」
となってしまうんです。

これが
タイトルで
「PPCで稼げるようになるための無料レポートを提供中」
というオファーで
このPASONAだとOKです。

なぜならば
「無料レポート」という言葉の中に
「登録するともらえるレポート」という意図が含まれているので

「PPCで稼げるようになるための無料レポートを提供中」
というオファーで
「PPCで稼ぐためのレポートをメルマガ登録後、差し上げます」
という提供内容になり
オファーと提供内容が一致しているからです。

このように
オファーと提供内容が一致しているかどうかは
ライティングをする際に注意すべき内容です。

ということで
今日は
インスタの炎上騒動をもとに
オファーと提供内容の一致しているかどうか
という点について
メルマガでお伝えしました。

それではまた明日。


編集後記

つい最近
乃木坂からの卒業報道が出たので
今回はトレンドブログの例として
白石麻衣さんを使わさせていただきました。

なんか、
記事によると
乃木坂加入から卒業まで
一度もスキャンダルがなかったんですって。

アイドルとしてのブランディングを
しっかり守って
凄いなぁとただただ感嘆するのみです。

あんな美人だったら
ゼッタイ
数多くのイケメンたちからお誘いがあったでしょうに。

こんなアイドルですから
乃木坂を卒業されてからも大きく活躍されることでしょう。
白石さんの今後に期待ですね。

ちなみに僕は
乃木坂とけやき坂とAKBの違いが
よく分からないオッサンです 汗

(Visited 4 times, 1 visits today)

ブログランキングに参加しています。清き1票をお願いします☆

スポンサーリンク

メルマガ登録はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加