女性の情報発信者の発信を見るべき理由 – リスティング初心者なび

女性の情報発信者の発信を見るべき理由

スポンサーリンク

おはようございます、
ボナセーラ
リスティング初心者ナビ きよクマさんです。

今日は
「女性の情報発信者の発信を見るべき理由」
について書いていきたいと思います。

今回は
男性の情報発信者向けに書いた内容ですので
女性の場合は
当てはまらないかもしれません。

女性の情報発信者の発信を見よう

僕は
このように
リスティング初心者ナビ というメルマガを
している一方
もちろん、
色々な人のメルマガを拝読しております。

そして
その中で
意識的にしようとしていることが
タイトルの通り
「女性の情報発信者の発信を見る」
ということです。

僕に
情報の幅があるかや
僕の発信に厚みがあるかどうか

自分ではわかりませんが
もし
僕の文章を評価していただける方が
いるとしたら
僕は
自分の情報発信ができている理由は
「女性の発信を積極的に取りいれているから」
だと思っています。

男性は男性の視点に慣れすぎ

というのもですね
良くも悪くも
僕たちって
男性の視点に慣れすぎていて
物事に疑問を抱かないようになってるんですね。


情報発信者って
ある種
「問題提起をすることが仕事」
だと思っています。

例えばですが
僕であれば
「選択肢がない世の中ってどうなの?
 1つしか軸がないビジネスって不安定じゃないの?
 ビジネスを安定させるために
 いくつも軸を持とうよ」
という
選択肢の提示という問題提起をしています。

また、
同列に扱うのが
大変おこがましく、恐縮なんですが
たとえば
松原さんであれば
「ネットビジネスなんて
 たかが金稼ぎの手段でしかない。
 そこに固執するんじゃなくて
 割り切って稼いで、
 さっさとネットビジネスをやめようぜ」
という
問題提起をされています。

このように
ある種の問題提起をすることが
情報発信者の役目だと思っています。

世の中に疑問を抱くことは
情報発信者として必須のスキル

で、
問題提起をするためには
世の中の物事に疑問を抱かないと
問題提起ってできないんですね。

たとえば
僕であれば
「1つのビジネスに固執する」
ことを
当たり前のように思っていたら
「選択肢がない世の中ってどうなの?
 1つしか軸がないビジネスって不安定じゃないの?」
なんていう
情報発信はできませんよね。

このように
何かしら世の中に疑問を抱く
ということは
僕たちの話題のネタでもありますし
必須なものなので
料理人でいう食材みたいなものだと思うんですよね。

女性は違う視点で物事を捉える

それを考えた時に
男性である僕たちは
男性の視点に慣れすぎていて
ある種の鈍感になっているんです。

これは
情報発信者として不利な状況なんです。

でも
女性は違います。

男社会の目線じゃない目線で
物事を捉えるので
僕なんかが
人生100回やり直したところで
絶対に身につかないであろう
疑問を抱いたりします。

これってすごいことなんです。

女性ならではの発想の例

たとえば
だいぶ前なんですが
女性の情報発信者のうららさん
(今は中野さんという本名で情報発信されています)

おっしゃってたことで
「なるほどなぁ」と思ったことがあります。

それが
「なんで
 この業界の人って
 コンサルを受ける人のことを
 コンサル生って言うんでしょうね?」
ということです。

確かにそうなんですよね。

普通のB to Bの場合
コンサルを受ける側って
コンサルと提供する側からしたら
クライアントなんですよね。

それにもかかわらず
このネットビジネスの業界だけ
コンサルを受ける人のことをコンサル生って言います。

女性ならではの発想の例(車)

この発想って
なかなか
ネットビジネスに慣れすぎている
我々男性諸君って
気づかないことですよね。

些細なことかもしれませんが
こういう
物事に対する繊細な感覚って
情報発信で大事なんだと思います。

もしくは
子育てをしないと
出てこない発想とかもありますよね。

たとえば
ダイハツのタントでしたっけ?

あの軽自動車の間の仕切りがないから
ベビーカーをそのまま入れられる車。
(DaigoがCMやってたやつね)

あんなの
男性だけで商品開発してたら
絶対思いつかない発想ですよね。

なので
そういう
「女性ならではの」というような発想って
男性では
絶対思いつかないものばっかりなんです。

ガサツだからこそ積極的に取りいれる意識を

と言う感じでですね
女性ならではの繊細な感覚の重要性を
ガサツな僕が言っても
説得力ないと思います 爆

ただ
僕は自分のことを
繊細な感覚なんか一切持ち合わせてない
ガサツな男であることを理解しています。

なので
というか
だからこそ
意識的に女性の考えを取り入れたい
そう思ってるんです。

あと
なんだろ、
女性って共感の生き物
とかいうじゃないですか。

あの辺も僕は参考にしています。

というのも
女性向け商品を
アフィリエイトする時って
やっぱりだいじなのが
PASONAのA、共感をどうやってとるか
じゃないですか。

そして
女性の情報発信者の方
って
やっぱり書き出しがうまいんですよね〜

もちろん文章の途中もですけど
よく
あぁいう人をウンウンって言わせるような文章書けるよな
とそう思います。

情報発信の幅を広げるために
女性のメルマガを読もう

なので
今日のメルマガのまとめにはなるんですが
情報発信の幅を広げるためには
女性のメルマガを読もう
ということになります。

僕の中では
・紅☆さん
・間宮千尋さん
・うららさん
・夏海さん
・山田ゆりさん
・あやさん
くらいが
オススメの情報発信者です。

メルマガ登録ページのURLは知りません…

いちいち調べるのがめんどくさいんで 爆
気になったからは
ご自身で検索してください。

ということで今日はこの辺で。

編集後記

これ、
完全に独断と偏見なんですが
おそらく
女性が
男性が気づかないところまで気づくのって
子育てをしている
と言うところもあるんだろうな
と思います。

ほら
子供って純粋で
質問の嵐じゃないですか。

大人は当然と思っていることも
子供は
「なんで、なんで?」
と聞くわけです。

そういうところから
「世の中を当たり前に見ない」
という訓練が
自然に培われているのかなと思います。

P.S.
ちなみに
僕も子供の頃
親に
「なんで、空は青いの」って
聞いてたらしいです。

なんて純粋な子供なんだ、俺 笑

でも
今、
娘に
「なんで、空は青いの」
って聞かれたら
なんて答えるんかなぁ?

レイリー散乱があるからだよ

なんて言っても意味不明だろうしな 笑

いやはや、
今、3歳だから
質問が始まるあと1、2年の間に
質問に答えられる
父親力を上げていこうと思う
今日この頃です。

(Visited 16 times, 1 visits today)

ブログランキングに参加しています。清き1票をお願いします☆

スポンサーリンク

メルマガ登録はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加