引越しの際のずらしキーワード – リスティング初心者なび

引越しの際のずらしキーワード

スポンサーリンク

こんばんは、
リスティングナビ きよクマさんです。

3月といえば別れの季節ですね。

そのため、辞令や就職で
転勤や引越しが起こることが多いのではないでしょうか?

そこで、
今日は
引越しの際に使えるずらしキーワードを
ご紹介したいと思います。

さっき調べたら
そんなにライバルもいなかったので
案外使えるキーワードだと思います。

ぜひ、
今回のキーワードをあなたのPPCアフィリにご活用ください。

もう、引越し申し込みのピークは終わってるのでは?

で、
上述の通り、
今日は引越しの際のずらしキーワードを紹介しようとしているのですが
そんな時に1つ気になる疑問が。

「引越しの申し込みって
 3月上旬に申し込んでいて、もうピークは終わってるのでは?」

つまり、
「今頃、引越し案件に取り組んでも稼げないでしょ。」
という疑問というかご批判です。

ですが、
実際にはピークは終わっていたとしても
まだまだ引越し案件は取れると思います。

というのも
実は引越し案件って
時期による変動がそんなにあるもんじゃなくて
通年で取れる案件なんですよね。

[Google trendによる「引越し 見積もり」の年間検索数推移]

上記
Googleトレンドで調べた
「引越し 見積もり」の年間検索数の推移によると
ピークは1月上旬や2月末に来ていますが
とはいえ、
今もピークの6割くらいは需要があるんです。

つまり、
引越し案件はピークが終わったからといって
一切稼げなくなる
そんなピーク特化型案件ではないということです。

引越しの時って何します?

さて、
引越し案件は今でもイケるよ~
というのを上記で説明したので
ようやく、引越しのずらしキーワードについて説明できますね。


引越しの時のずらしキーワードの考え方の肝になるのは
「準備ずらし」の考え方です。

テキストでいう24ページですね。
http://listing-knowhow.net/zurashi_report/

ここで準備ずらしをするために
引越しの時の行動の流れを考えて欲しいんですね。

まずですが
1)今住んでいる家を解約しますよね。

これが契約上、1ヶ月前までの解約とかになっているので
そうすると思います。

で、
その際に賃貸会社から
「電気やガス、水道は解約しといてくださいね~」
という風に連絡を受けるはずです。

ですので次に
2)電気やガス、水道は解約時期を調べて解約する

という行動がきます。

で、その次に

3)次住む家を探す

がきて

4)今の家から次の家への引越しの準備をする

がきて

5)引越し後の環境(インターネットなど)を整える

みたいな順になると思います。

で、上記1)~3)が
引越しの事前準備になるので
1)~3)であればどれでも準備ずらしが見つかると思うんですが
今回は
2)電気やガス、水道は解約時期を調べて解約する
に着目します。

多分なんですが
1)今住んでいる家を解約
の段階で
に賃貸会社から
「電気やガス、水道は解約しといてくださいね~」
と言われて

まず、真っ先に思う疑問が
「アレッ、電気っていつまでに解約すればいいんだっけ?」
という疑問ですよね。

ですので、
そういう時に調べるキーワードとして
 「電気 解約 いつまで」
とか
 「ガス 解約 いつまで」
とか
 「水道 解約 いつまで」

みたいなキーワードが思い浮かびますよね。

これらのずらしキーワードで集客して

ですので
引越しのずらしキーワードとしては

 「電気 解約 いつまで」
 「ガス 解約 いつまで」
 「水道 解約 いつまで」

みたいなキーワード群になります。

で、
これらのずらしキーワードで集客して
こんな文章で訴求すれば


引越しの際に家を解約する時に
気になるのが
「アレッ?
 電気ガス水道っていつまでに解約の連絡を入れればいいんだっけ?」
ということですよね。

もちろん、この辺りは
お住いの地区やご利用の会社にもよってくると思いますが

電気、ガス、水道ともに
 「引越しの1~2週間前」くらいまでには連絡の必要があります。

引越しの1~2週間前と
案外直前でも連絡は大丈夫ですので
まずは引越し業者の手配などを先に行いましょう。

【引越し業者を安く探したいなら】

そして、
その引越し業者の手配について注意が必要です。

実は引越しって業者によって
すごい値段が違うんです。
また、業者によって全然価格が変わってくるわけです。

ですので、
できるだけ安い価格で引っ越したいなら
複数の引越し業者を比較することがオススメです。

・・・


みたいな感じで
引越し案件に誘導することができますよね。

もちろん、
上記のずらしキーワードで集客して
上記のような誘導をかける場合でも
ヒートマップでしっかり分析してくださいね。

もしヒートマップで分析して
「解約時期は読まれてるけど、引越し案件の紹介は見られていない」
というのであれば
それらのずらしキーワードと引越し案件の相性は良くない
ということになりますから。

アクセスの再利用も忘れずに

以上が、
引越しの際のずらしキーワードの解説ですが
1つ注意点が。

今回のずらしキーワードの場合
すでに引越しを申し込んでいる人もいると思うので
アクセスが無駄になる可能性も考えられます。

ですので
リターゲティングを使って
アクセスを再利用することをオススメいたします。

どういうことかというと
上記のページに
リターゲティングタグを埋め込んどいて
そのページにアクセスしたユーザーに対して
リターゲティングで
「インターネットプロバイダー案件」を紹介する
という手法です。

流石に
水道などを解約する時点では
次の引越し先のインターネットまで申し込んでいる可能性は少ないので
それを訴求してあげるという方法ですね。

この場合、
引越ししたい人だけに
インターネットプロバイダー案件を紹介しているので
比較的、反応のいいアクセスが見込めるはずです。

とにかく
「1アクセスでも無駄にしない」
この意識を持ちながらPPCアフィリに取り組みましょう。

以上、
今日は引越しの際のずらしキーワードについて
説明しました。

編集後記

今日のYahooニュースの記事で
こんな記事がありました。

洗濯は負担…代行サービスが人気 「機械がやるので誰がやっても同じ」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180313-00000500-san-life

これは家事代行ではなくて
洗濯代行のサービスらしいです。

この辺、うまく使えば
ずらしキーワードに活用できそうですよね。

どう活用するかって?

まぁ、一度考えてみてください。

(Visited 124 times, 2 visits today)

ブログランキングに参加しています。清き1票をお願いします☆

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加