情報発信で大事なこと – リスティング初心者なび

情報発信で大事なこと

スポンサーリンク

おはようございます、
ボナセーラ
リスティング初心者ナビ きよクマさんです。

今日のテーマは
「情報発信で大事なこと」
です。

このYoutube動画、おススメです。

まぁ
今日は土曜日なので
ユル~っとしたテーマでお話ししていきましょう。

ということで
僕が好きなYoutube動画を
このメルマガでおススメします 笑

その動画がコチラ

「はねるのトびら」の総合演出に全てを語って頂きました

上記の動画
見ていただいたらわかるんですが
カジサックことキングコングの梶原のYoutubeに
「はねるのトびら」の総合演出の近藤さんが出演されたときに
トーク動画になります。

で、
なぜ、この動画をおススメしたかというと
当然、
僕がカジサックが好きだからというのもあるんですが 笑
それを取り除いたとしても
十分に学びがある動画で、一見の価値がある動画なので
お時間がある方は
ぜひ、この動画を見ていただけたらと思います。

特に情報発信ビジネスをされる方には
ご覧になられることを強くおススメします。

この動画をみることで
情報発信ビジネスの神髄が分かると思います。
(ここまで言うとハードル上げ過ぎかも 笑)

テレビメディアのとらえ方が面白い

というのもですね
動画の中盤くらいで
「なぜ、11時の時間帯に変わったら
 コントの数が少なくなったのか?」という質問を
カジサックが近藤さんにしていてですね、
その近藤さんの回答が非常に面白くて
まさに
情報発信ビジネスに似ているなと
思いました。

詳しくは動画を見ていただきたいんですが
近藤さんは
「テレビとは喜怒哀楽を視聴者と共有する箱みたいなもの」
ということを
おっしゃっています。

で、
この
「喜怒哀楽を視聴者と共有する場所」
というフレーズに僕は凄い共感しました。

というのも
このメルマガでも
僕はそうありたいと思っているからです。

単にノウハウだけをあなたに伝えるんじゃなくて
「こんなことがあって、悔しかった」
「こんあことがあって、嬉しかった」
というように
僕の出来事とそれに付随する喜怒哀楽を
あなたの
このメルマガを通じて共有できるようになりたいし
それこそが
「情報発信」だと思うんですよね。

なので
そういう意味で
近藤さんの
「喜怒哀楽を視聴者と共有する場所」
というフレーズが僕の中でストンと腑に落ちました。

出来事だけじゃ意味がない

また
近藤さんがおっしゃっていたこととして
「視聴者は
 テレビで起こっている出来事だけでは感情移入できない。
 そこに喜怒哀楽が紐づいて
 初めて、そこに視聴者の共感や感情移入が生まれる。

 だから、テレビは出演者の喜怒哀楽を消費していく場所」
ということで
このフレーズもものすごく腑に落ちました。
というか
勉強になりました。

というのも
たとえば
「今日、こんなことがありました。」ではダメというか不十分なんです。

なぜならば、
それだけでは読者のあなたは感情移入できないからです。

なので、それだけではなく
「今日、こんなことがあって、ものすごい腹が立ちました。
 なぜなら、・・・・・」
という感じで
その出来事に自分の喜怒哀楽を紐づけることで
あなたの共感や感情移入を得ることができます。

なので
今まで僕は
情報発信って
「ある出来事について自分なりの意見を発信すること」
と考えていたんですが
それだけでは不十分で
意見だけじゃなくて、しっかりとそこに喜怒哀楽の感情を乗せていくこと
が必要だというのを
今回の
近藤さんの動画で知ることができました。

ということで、ですね
単純に面白いだけじゃなくて
非常に学びがある動画になっていますので
ぜひあなたも
一度、お時間がある時に近藤さんの動画を見てくださいね。


「はねるのトびら」の総合演出に全てを語って頂きました

編集後記

今回の件でも分かるんですが
何も学びって
情報商材だけにあるものではないんです。

なので
ぜひ
あなたもいろいろなものに触れて感じて
いろいろな学びを得てもらえればなと思います。

Youtubeなんて、タダですしね 笑

Youtubeだけじゃなくて
いろいろなところに学びの種が落ちていますので
それを
ぜひあなたなりの感情で種に花を咲かせてください。

ということで、また月曜日。
(日曜日の明日はメルマガお休みだよ)

(Visited 10 times, 1 visits today)

ブログランキングに参加しています。清き1票をお願いします☆

スポンサーリンク

メルマガ登録はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加