IP電話をどうずらす? – リスティング初心者なび

<ずらし> IP電話をどうずらす?

スポンサーリンク

おはようございます
ボナセーラ
リスティング初心者ナビのきよクマさんです。

今日はですね
昨日のメルマガでお伝えした通り
ずらしキーワードの小ネタをお伝えしようと思います。

実は僕ずらしキーワード、得意なんです 笑

古くからメルマガを読んでいただいている方は
ご存知だと思いますが

この情報発信の生まれは
ずらしキーワード
です。

ずらしキーワードをメインに
メルマガ・ブログで情報発信していました。

ちなみに
いままででメルマガでお届けした
ずらしキーワードのレポートを
お渡ししておきますね。

まだYahooでのPPCアフィリ
全盛の時代にやっていたので
Yahooをベースに話していますが
別にGoogle広告でも同じことができると思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
広告運用総額2億円超えの
PPC広告運用のプロが教える
PPCアフィリ初心者が最低限知っておくべき
ずらしキーワード論入門
https://mailzou.com/get.php?R=97431&M=37877
ーーーーーーーーーーーーーーーーー

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
ずらしのプロが直伝!「私ならこうズラす」
ずらしキーワード 10選
(メルマガのみで公開)
ーーーーーーーーーーーーーーーーー

今回のずらしネタ

さて
このようにずらしキーワードを
中心にお届けしていた僕なので
今日のメルマガでは
久しぶりに
ずらしキーワードのネタをお届けしたいと思います。

まぁ、小ネタですけどね。

今回扱いたい案件は
IP電話(050電話)のブラステルです。

ーーーーーーーーーーーーーー
ブラステル ホームページ
https://www.brastel.com/pages/jpn/home/
ーーーーーーーーーーーーーー

あなたは
このブラステル、
どういう風にずらしますか?

気づきを与える

で、
こういうずらしキーワードを考える時に
根本的に考えないといけないことは
「どういう気づきを与えて商品を欲しくさせるか」
です。

というのも
ずらしキーワードというのは
今すぐ客じゃなくて
もうすぐ客やまだまだ客を狙っていきます。

つまり
まだ本格的には悩んでいない客であったり
その商品の価値を理解していない客
を相手にするわけです。

ですので
その見込み客に
情報を与えることで
「あっ、なるほどね、そういう使い方もあるんだね」
という
気づきを与えることで
その商品の価値に気づいてもらい
欲しくなってもらう必要があるのです。

じゃあ
ここで大事なのが
なんという言葉をかけて
どういう気づきを与えると
このブラステルが欲しくなるかです。

普通は
IP電話 おすすめ

電話料金 下げる
みたいな直球キーワードですけど
そうではなく
ずらしキーワードでそこを狙うために
何が大事かというのを
しっかり理解する必要があります。

こんなずらしキーワードはいかが?


ヒントを与えたところで
答えというか
僕ならこうするというのを
お伝えすると

「0120 海外から」

です。

どういうことかというと
通常のIP電話(050電話)の場合、
0120への電話はできないんですが
このブラステル、
0120への電話ができるらしいんです。

公式ホームページによると
ーーーーーーーーーーーーーー
「050」ボタンから
一部のフリーダイヤルに接続できます。
ただし、0120番号へは非通知発信となるため、
フリーダイヤル契約者側で
非通知の接続を許容していない場合では接続できません。
ーーーーーーーーーーーーーー
という感じで
非通知を受け入れる0120であれば
電話が可能ということなんです。

なので
0120に海外からかけたいという人
今後かけていくという人には
このブラステルはすごい魅力になるわけですね。

ちなみに記事はこんな感じ

で、
そのキーワードでどういう記事を書いて誘導するか
ですが
もうすでに良い実例を見つけましたので
共有しておきます。
ーーーーーーーーーーーーーー
海外から無料で
日本のフリーダイヤル0120へ電話できる
ブラステル利用法まとめ
http://choro.asia/hoken/kaigaikara-0120-free-dial-brastel.htm
ーーーーーーーーーーーーーー

これ、
海外保険研究所という
海外保険をアフィリしているアフィリサイトの
1コンテンツとしてあるんですが
この記事の流れはうまいなぁと思いました。

というより
僕はこの記事を見て
「なるほど、
 0120 海外からというキーワードが
 ブラステルに通用するな」
と思いました 笑

なので
今日のこのずらしキーワードは人のパクリです 爆

このように、どうやって気づきを与え魅力を伝えるか

今回のケースで言うと
もともとは
ブラステルというのを知らなかった人
もしくは
ただのIP電話でしょ
と思ってた人に対して
「海外からも0120にかけられるんですよ」
という情報をつたえることで

「なるほど、そういうことができるんだ」
という新たな気づきを与えることで
その商品・サービスの魅力に気づいてもらう
というのが
ずらしキーワードの基本的な考えです。

なので
あくまでも
ずらしキーワードというのは
今まで気づいてなかった商品の価値を伝えるための手法
ということです。

目の付け所はUSP


もう少しだけ
ずらしキーワードについてお話ししておくと
着眼点の1つとして考えて欲しいのは
USP、つまりその商品しか持っていない特徴です。

なぜかというと
商品が紹介しやすいからです。

たとえばですが
電話料金を下げるためにIP電話がいいですよ!
みたいな感じで
ブラステルを紹介しようとすると
「なんで?050plusでもいいじゃん」
というふうになるわけです。

ただ
今回
「海外から0120をかけられるIP電話」
って
そんなに多くないというか
調べてないのでわからないですが
ブラステルだけじゃないんかなと思います。

だから
「海外から0120に電話をしたいならブラステルですよ」
といっても
意味が通じるわけです。

だって
050plusじゃ0120に電話できないんですもん。

最終的な着地点を
商品の紹介
というところになることを考えると
なるべく
商品のUSPに関連するところで
ずらしキーワードを展開すると
その後の論理展開、商品紹介が楽になります。

だって
「これができるのは、この商品だけです!」
という
論理展開が一番強いですから。

ということで
そういうことを考えながら
ずらしキーワードを考えて欲しいと思います。

今日は以上です。

編集後記

ちなみにですが
ぶらすてる
とキーボードで入力して
ブラステルと出そうとしたら
最初の変換で
なぜか「ブラ 捨てる」と出ちゃいました 笑

別に俺
ブラジャー持ってないし、捨てないし 爆

このパソコンは何を考えているんだか。。。

飼い主(僕)に似てド変態だな 爆

(Visited 6 times, 1 visits today)

ブログランキングに参加しています。清き1票をお願いします☆

スポンサーリンク

メルマガ登録はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加