Google広告を実践中です。 – リスティング初心者なび

Google広告を実践中です。

スポンサーリンク

おはようございます
ボナセーラ
リスティング初心者ナビ きよクマさんです。

最近なんですが
Google広告の教材をご案内した関係で
それのための特典を用意する必要もあるので
そのテストも兼ねて
Google広告をやってます。

テストを兼ねてというと
あまり聞こえは良くないかもしれませんが
なんだろ、
せっかく特典としてご提供する内容が
机上の空論じゃ
申し訳ないというか意味ないので
僕が今ある知識が正しいのか
それでしっかり利益が出るのかを
実際に自分で確かめていますが、
やっぱり
Google広告面白いですね〜。


見るべき変数
というか
見ることができる変数が多くて
それで心がウキウキしています 笑


たとえば
昔であれば
Google広告、
特に検索広告、スポンサードサーチでは
年齢とか性別は見れなかったんですよね。

ディスプレイ広告
いわゆるGDNでは
ターゲティングの一環として
年齢とか性別はターゲティングできました。

でも
検索ユーザーに関しては
そんなことは
管理画面上では見れなかったんですけど
今は
それを確認できて
しかも、
それに対して入札を変えることもできるんです。


たとえば
白髪染めであれば
男性の入札価格を下げて
女性の入札価格を上げる
とか

40代・50代の入札価格を上げて
10代20代には広告配信しない
とか

そんなんができるようになったんです。


すごくないですか?


しかも
もっとすごいのが
Google広告のAIです。


Google広告では
目標コンバージョン単価

コンバージョンの最大化
という
入札戦略ができるんですけど
それをすることで
反応がありそうな年代・性別の人が検索してきたら
その人の時だけ勝手に入札単価を上げて
関係ない人であれば入札をしない
みたいなことをしてくれるんです。


なので
結構
人によっては
ある程度最適化ができたら
あとはGoogle広告はほったらかし
という人も多いそうです。


なんか
Googleって進化したな〜と
思います。


あと
今回、面白いなぁと思ったのが
現在、
テストで
白髪対策サプリの案件を回しているんですけど
このサプリ

白髪染め ヘアカラー
みたいな
ヘアカラー関係のキーワードでは反応が取れずに

白髪染め おすすめ
とか
白髪染め トリートメント
みたいなキーワードでは反応が取れるんですよね。
(Google Combatの購入者さんは
 また今度、詳しいデータをシェアします。)


これ、
一見、なんでだろうと思ったんですけど
背景を考えると
なるほどなと納得しました。


というのも
「白髪染め ヘアカラー」
と検索する人は
すでにもう、自分の白髪をどのように対策したいかを
しっかりと心に決めているユーザーなんですよね。

なので
そういう人に対して
白髪対策サプリ、どうですか?
ってオススメしたところで、
「いやいや、ヘアカラーで対策するし」
ってなるので
反応は必然的に悪くなるんだろうな
と。

で、
一方
白髪染め おすすめ
と検索している人は
まだ対策を決めかねている人じゃないですか。

なので
白髪対策サプリ良いですよと言われたら
詳細を確認したくなる、
つまり
アフィリリンクをクリックするんです。

また
白髪染め トリートメント
っていう人も
意図を考えると面白いですよね。


というのも
トリートメントを意識する人はどんなひとでしょうか?

ここを考えると
このキーワードで反応が良いのも納得できます。

まぁ
ここで時間を取ってもしょうがないので
さっさと答えを書いておくと
トリートメントを意識する人は髪の毛のダメージを意識する人です。


ということは?


はい、
そうです、
髪を染めることで髪にダメージがある
ヘアカラーをできるだけ避けたいと思っているんですよね。



なので
白髪染め対策サプリという感じで
髪にダメージを与えずに
白髪に対策できるサプリに興味を持つんです。


ということはですよ
おそらく、
この辺りのキーワードでも反応が取れるんではないかと
そう思ってます。

ーーーーーーーーーーー
白髪染め 傷まない

白髪染め頻度

白髪染め 頭皮に悪い
ーーーーーーーーーーー
つまり
「白髪染めって本当に頭皮に悪いんだろうか」

心配するユーザーですね。

そのユーザーに
だったら白髪ケアサプリどう?
と提案するわけです。


なので
結局は
PPCアフィリは
誰に何を提案するか
なわけで
それを考えるときに
今回のようにキーワードの結果を見て
それを踏まえての仮説を立てることができるんです。


なお、
こういう仮説は
実際に試してみないとわからないことが多いです。

ですので
Google広告では
どんどん仮説を立てて、どんどん試していくことが大事です。


これについて
メンタリスト DaiGoが良いことを言っていてですね
「何も信じず、そして何も疑わず、ただ試して確かめろ。」
です。

基本的に人間は
今までの知識がたまに偏見となります。
それが
勝手に結果を予測して
うまくいくと信じたり、逆に疑ったりするわけですけど
DaiGoの言うとおり
ただ試して確かめるしか正解を知る方法はないんです。

ですので
ぜひ、
あなたも気になったことは試して確かめてくださいね。


ということで今日はこの辺で。



P.S.
ちなみに上記のキーワード

Googleで入稿してみました。

これで結果が良ければ
僕の仮説が正しいですし
結果が悪ければ
仮説が間違っているということです。

ただ試して確かめてみます。


めちゃくちゃうまくいけば
またメルマガで結果を報告するかもしれませんし
それなりの結果であれば
GoogleCombatの購入者通信の方で
お知らせするくらいにしておきます。


まぁ
これからも色々試していきたいですしね。

ということで
結論からいくと
Google広告楽しんでます 笑

あなたも
Google広告、楽しんでみませんか?

(Visited 3 times, 1 visits today)

ブログランキングに参加しています。清き1票をお願いします☆

スポンサーリンク

メルマガ登録はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加