成約率を気にしすぎなあなたへ – リスティング初心者なび

成約率を気にしすぎなあなたへ

スポンサーリンク

おはようございます、
ボナセーラ
リスティング初心者ナビきよクマさんです。

今日のテーマは
「成約率を気にしすぎなあなたへ」
という内容でお送りしたいと思います。

成約率の説明

あなたが
アフィリする時に
広告主ページの成約率って
結構気になると思います。

成約率という言葉に聞きなれない方
のために
念のため説明しておくと
成約率とは購入率
つまり
--------------
100人が広告主ページに訪れた時に
何人がその広告主ページの商品を購入するか
--------------
ですね。

たとえば100人訪れて、
5人買えば成約率5%だし、
10人買えば成約率10%です。

「何人が買うかなら
 成約率じゃなくて購入率でいいじゃん」
という考えもあると思いますが
たとえば
引っ越し比較サービスとか転職支援サービス
のように
商品を購入するわけではないサービス系もあるので
それらもまとめて説明できるように
購入率ではなくて
成約率という言葉が一般的です。

なので
まとめると
成約率とは

商品を購入した人数(サービスに申し込んだ人数)
÷
ページに訪れた人数
×100

であらわされるものです。(×100してるのは%に直すため)

成約率って気になりますよね。

で、
この成約率って
アフィリするとき
結構気にする方が多いと思います。

まぁ
当然といえば、当然ですね。

だって
たとえば
広告主のページが成約率10%の広告主

広告主のページが成約率1%の広告主

1件当たりのアフィリ報酬が同じだと
単純に売り上げが10倍違いますからね。

分かりやすくするために例を挙げましょうか。

転職支援サービスがあったとしましょう。
その広告主のページのサービスに
転職希望者が申し込んだら
1件あたり1万円がもらえるとしましょう。
(わかりやすくするために承認率は100%とします。)

この場合
あなたのページから広告主のページに
100人のお客さんを送客したときに

広告主のページが成約率10%の広告主
だと
100×10% = 10人が申し込むので
10万円のアフィリ報酬がもらえますが

広告主のページが成約率1%の広告主
だと
100×1% = 1人が申し込むので
1万円のアフィリ報酬しかもらえません。

つまり
当たり前の話ですが
広告主ページの成約率10倍違うと
同じ見込み客数を送客しても
売上が10倍違うんです。

でも、これってある前提があります。

なので
この「成約率」というのは
ものすごい重要ですし
2つの案件を比較した際に
なるべく成約率が高い案件を選んだ方が
得策なのは確かです。

でも、
これって
「ある前提条件」があるんですが
それを忘れて
ただただ
成約率だけに注目している人が多いんですよね。

その前提条件というのは
【送客の質が同じ場合】に成約率が高いほうが良い
ということです。

この
「送客の質が同じ場合」というのを
みんな頭から忘れていることが多いです。

どういうことかというと
その広告主のページにアクセスする際の
モチベーションや前提条件によって
当然
そのページでの成約率って変わるんです。

1つ例を挙げましょう。

ステップメールの教科書をセールスしたとき

1つの例として
僕が
ステップメールの教科書を
ステップメールでセールスしたときの結果が
良い例だと思うのでシェアします。


ステップメールの教科書に関して

[A]
えっ、まだ7通でステップメール書いてるの?
という企画をもとにセールスしたときと

[B]
悪魔のステップメール無料プレゼント
という企画をもとにセールスしたときの

2回があります。

で、
これは公表している数字なので
言っても良いと思うんですが

[A]は成約率20%越え
(つまり
 メルマガ登録した5人に1人が購入)

に対し

[B]は成約率5%程度
(つまり
 メルマガ登録した20人に1人が購入)


成約率に4倍の開きがありました。

で、
これは1つの結果なんですが
もう1つ面白いことがあって
[A]のステップメールと
[B]のステップメールで
送客率って2.25倍の開きしかなかったんです。

ステップメール次第で販売ページの購入率も変わってくる

どういうことかというと
たとえば
[A]、[B]の両方に100人ずつの読者が登録している
として
仮に
[B]のほうの送客率が20%
つまり
[B]の100人の読者のうち20人が
ステップメールの教科書の販売ページを見ているとしたら

[A]のほうの送客率はその2.25倍
つまり
[A]の100人の読者のうち45人が
ステップメールの教科書の販売ページを見ていたんです。

それを考えた時に分かることが
同じ販売ページなのに
ステップメール次第で
その販売ページでの購入率が違うということになります。

たとえば
Aの場合、ステップメールの成約率が20%なので
上記の例で言うと
45人が販売ページを見ているとしたら
そのうち20人が商品を購入していることになり
販売ページでの購入率は
20/45=44.4%であるのに対し

Bの場合、ステップメールの成約率が5%なので
上記の例で言うと
20人が販売ページを見ているとしたら
そのうち5人が商品を購入していることになり
販売ページでの購入率は
5/20=25%なんです。

つまり同じ商品販売ページでも
ステップメール次第で
25%と44.4%と大きく変わってくるんです。

どうして、販売ページの購入率が違う?

さて
ココで大事なのが
「なぜ、販売ページの購入率が違うのか?」
ということですが

その答えは簡単
「ステップメールによってわいてきた購入意欲の違い」
ですよね。

おそらく
[B]のほうが
冷やかし半分や興味半分で
ページを見ている人が多かったんでしょう。

「どんな商品なんだろ?」
とみるだけなら
当然、商品購入はありませんので
そういう
「とりあえずページを見るだけ」の
お客さんが
[A]に比べて[B]のほうが大きかったのが理由と言えます。

つまり、
販売ページに到達する前の
見込み客の購入意欲、モチベーションによって
同じ販売ページでも購入率って大きく変わるんです。

通常のアフィリ案件でももちろん同様です。

で、
今回はステップメールを例に言いましたけど
これは当然、
普通のアフィリ案件、物販アフィリでも同じです。

あなたの
アフィリサイト上で
見込み客にどこまで
購入意欲を沸き立たせることが出来るか
モチベーション、購入の動機付けが出来るか
によって
商品ページでの購入率って変わってきますよね。

たとえば
通常のサイトから広告主ページに送客するのと

「この商品を買ってくれたら○○ポイント進呈」

ポイントサイトから広告主ページに送客するの

当然
同じ広告主ページでも、購入率って変わると思いませんか?

PPCアフィリをやってると分かりやすい

この
「送客の質によってページの成約率が異なる」
っていう話
PPCアフィリをやってる方なら
すんなり意味が通ると思います。

だって
集客するキーワードによって
アフィリリンクのクリック率って変わりますよね。

極端な話でいうと
転職支援サービスを紹介するアフィリサイトに
「東京 営業 求人」
「りんご おススメ」
という
2つのキーワードで集客したとき
当然、「東京 営業 求人」で集客したほうが
アフィリリンクのクリック率は高いですよね。
(そりゃそうだ 笑)

このように同じページであっても
そのページにアクセスする前の
ユーザーのモチベーションや購入意欲によって
そのページでの成約率って
変わるわけです。

販売ページの成約率だけ見ても意味がない。

つまり
ココから言えることは
--------------
確かに販売ページの成約率は大事だけども
販売ページへのアクセス元によって
そこの購入率は変わってくるんだから
販売ページの成約率だけを
不必要に意識しすぎるのもどうなの?
--------------
ってことです。

なので
成約率は1つの参考にしながらも
あなたは
あなたができること
つまり
「どうすれば
 そのページにアクセスする時点で
 そのユーザーの
 購買意欲やモチベーションを
 最大限にあげられるか?」
ということです。

この部分に最大限の工夫が必要になります。

もちろん極端に成約率が悪いケースは論外

以上が
今日言いたいことで
「ページの成約率を気にするくらいなら
 そのページにアクセスする際の
 ユーザーの
 購買意欲やモチベーションを上げられるように
 工夫しよう」
というのがまとめになるんですが
とはいえ、
もちろん、極端に成約率が悪いケースは論外ですよ 笑

例えば
成約率0%のページなんて
誰が
どんな質の良いアクセスを連れてきたところで
0%は0%ですし
せいぜい良くなったところで
0% → 数% になるくらいでしょう。

なので
そんな極端に成約率が悪いケースは
扱わないほうが良いと思います。

僕が言ってるのは
たとえば
8%と10%のページがあって
どっちがいいかな
と悩むくらいなら
どっちのページのほうに
良いアクセスが連れてこれるかを考えよう
ということですからね。

0%や1%の低い成約率のページは
そもそも扱っちゃだめですよ 笑

ということで
注意点もお話したところで
今日のメルマガは終わりです。

それではまた明日!

編集後記

たまたま見たページですが
こういう風に広告文を改善するのも
「アクセスの質」を上げる策の1つですよね。

--------------------
【リスティング広告】ターゲットを明確にし、
広告文を変更した結果CVが2倍以上に?!

--------------------

なので
アクセスの質を上げる方法なんて
いくらでもあるということです。

どうすればアクセスの質を上げられるか
あなたも
一度考えてみてくださいね。

(Visited 4 times, 1 visits today)

ブログランキングに参加しています。清き1票をお願いします☆

スポンサーリンク

メルマガ登録はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加