マーケティングとプロモーション – リスティング初心者なび

マーケティングとプロモーション

スポンサーリンク

おはようございます、
ボナセーラ
リスティング初心者ナビきよクマさんです。

今日のテーマは
マーケティングとプロモーション
です。

ウチのプロジェクトの話

ご存知の通り
僕は今、
イタリアにいて
とあるプロジェクトを動かしているんですが
その
プロジェクトには、セールスマンがいます。

で、
そのセールスマンが
ウチが行っているプロジェクトの
マーケティングとセールスを担当しています。

と言っても
そんなに大きな部署じゃないので
パンフレットや動画は
社内で作るわけではなく、
マテリアルを作成してくれる制作会社に依頼しています。

もちろん
その前の段階で
ウチから
「こういうコンセプトで」という話をして
それをもとに協議を行い
向こうから構成の提案があって
その内容をさらに揉んでいくみたいな感じです。

僕は関与していません。

ちなみに
そのパンフレットや動画には
僕は関与していません。

もちろん
僕が関与することもできるんですが
僕自身
プロジェクト全体を統括しているので
そこまで手間が掛けられないですし
あと、
もう1つの理由として
そのメンバーの
モチベーションを減らしたくないという
気持ちがあるんです。

というのも
自分で一生懸命、考えて
構成とかも協議して
自分なりの最高作品を作ろうとしているのに
それを
何の苦労もしてないやつが
横から口出しや批判するのってウザくないですか?

なので
基本的には
その担当者に責任を持って
自発的に動こうとしてもらうために
僕はあえて口出しせずに
自由にやってもらうようにしています。

なので
僕は業者との打ち合わせにも
顔を出してませんし
内容の詳細も知りません。

業者との打ち合わせで決まったものの概要をして
そのうえで
必要予算に関して
会社に上申して決済を取るだけです。

なので実働部隊ではなく
一切、口出しはしないようにしてるんですが
最近
とうとう口を出してしまいました。。。汗

無計画に作ってはいけない

というのも
現在、来月にある「とあるイベント」のために
準備をしているんですが
その素材作りが無計画なんです。。。

そのセールスマンが
その業者と打ち合わせをしながら
・パンフレット
・動画
を作ろうとしてるので
これは何の目的?
これは?
と言っても
口ごもるんですよね。

なんか
とりあえず、作ればよい
カッコよいものが作りたいとしか思っておらず
戦略としての素材でなくなってしまっているんです。

まだマーケティング・セールスの経験が浅い
その子にとっては

マーケティング = カッコよい素材を作って大々的にアピールするもの

という認識でしか無いようです。

それは
マーケティングではなく
単なるプロモーションです。

体力のある大企業はプロモーションをバンバン打つことができるので
プロモーションだけにやってても良いかもしれませんが
中小企業の我々は
プロモーション単体で売り上げを上げることを考えてはいけません。

プロモーションはつなげなければ意味がない

というのも
僕たち中小企業の場合は
プロモーションを単独で使うのではなく
次への1手として使う必要があるのです。

たとえば
パンフレットを作った場合

・そのパンフレットの中身を視覚的に分かりやすいようにして
 セールス資料としても使えるようにする

・中身を1つ1つちがうものにして
 お客さんに特別感を感じてもらう

・そのパンフレットの中に
 小さなディスプレイを埋め込んで、動画も含める

みたいな感じで
同じパンフレットでも全然違うコンセプトで
準備をすることができます。

で、
大事なことは
「それを何のためにするのか?次にどうつながるのか?」
です。

たとえば
・そのパンフレットの中身を視覚的に分かりやすいようにして
 セールス資料としても使えるようにする
のであれば
それはセールス資料として使えるのであれば
家に帰ってから見返してもらっても
中身がしっかりわかるものになりますよね。

もしくは
そこにQRコードを埋め込んでおいて
「これは家に帰って読み込んでみてくださいね」
と言って
家に帰ってみてもらったら
・代表のメッセージを動画で伝えたり
・製品の予約フォームへつなげたり

次の1手への誘導する手助けになりますよね。

また
・そのパンフレットの中に
 小さなディスプレイを埋め込んで、動画も含める
のだとしたら
その動画で何を伝えたいのか
その動画を見せることで、次に相手にどういう行動をさせたいのか
ということを
しっかり定義してあげる必要があります。

例えばですが
その動画を家で見てもらうことを想定しましょうか。

その時に
「○○の魅力を動画とともに解説」
みたいな動画で
その製品の細部を動画を用いて説明したら
おそらく
その製品の細部に興味を持って
写真では確認出来ない細かい部分を見たい
と思って
来訪してくれる可能性が増えますよね。

なので
そういう動画は
ブランディングだけじゃなく
次の来客促進の効果もあるわけです。

このように
何か素材を作る以上は
そのコンテンツで
次に起こしてほしい行動を狙って上げる必要があるんです。

それが
プロモーション単体では意味がなく
次のマーケティング活動につなげるべき意味です。

ネットビジネスでも同じ

で、
これは
ネットビジネスでも同様のことが言えます。

たとえば
メルマガ読者を集めるために
無料レポートを作るとしますよね。

じゃあ
その無料レポートで集めた読者で
なんかしらのオファーを
ステップメールですると思います。

ここまでは
みんなするんです。

でも、
その次は?

ステップメールが終わった後に
何かオファーするものは無いの?

ただ単に通常メルマガに合流するだけ?

LTV(顧客単価)を上げられるような施策はできないの?

ということを
考えないといけません。

当たり前のことを言いますが
LTV(顧客単価)はセールスしない限り上がりません。

だって
セールスすることが唯一、
お客さんからあなたにお金を払ってもらう方法ですから。

そして
ココがもう1つ大事なポイントですが
セールスをしようと思うと
セールスをするものが必要です。

それは
自分の商品や他人の商品、
何でもいいと思いますが
関連している必要があります。

たとえばですが
ステップメールの教科書をセールスした後に
サイトアフィリのセールスをしたら
繋がりがなくて意味不明ですが

サイトアフィリをセールス

→ サイトアフィリを伸ばすにはライティングが大事
  ということで
  ライティング教材をセールス

→ ライティングを伸ばすには
  毎日メルマガ書いたほうが良いということで
  メルマガ教材をセールス

という感じで
サイトアフィリ、ライティング、メルマガ

つながりを持って紹介してあげれば
1つのコンテクスト(文脈)の中で
いろいろなセールスができますよね。

このように
1つのことをセールスする際は
次に何をセールスするかを念頭に置きながら
セールスすることが大事です。

ぜひ
あなたも
何かセールスする時は
次の1手を頭に浮かべながらセールスしてくださいね。

ということで
今日はこの辺で。

編集後記

あの有名女優
鈴木杏樹が不倫とかビックリしますよね~。

職場でこのニュースを見てびっくりしたので
思わず
「もう
 これだけいろんな人が不倫するということは
 そもそも結婚という制度が間違ってるんじゃないんかなぁ」
と小声でつぶやいたら
女性社員から白い目で見られました。。。。

助けてください(完全に僕が悪い 笑)

(Visited 5 times, 1 visits today)

ブログランキングに参加しています。清き1票をお願いします☆

スポンサーリンク

メルマガ登録はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加